出張先で恋した風俗嬢

純情な僕が風俗を使った結果

純情な僕は、今まで恋をすることなく勉学に励んできました。大学院にも進み、もう年齢は25歳です。しかし、最近直面しているのが、就職難という点です。優秀な学力のために僕は勉強してきたのですが、人と関わるのが苦手で面接ではいつも落とされてしまいます。そんな僕は、先日からデリヘルを使っています。親には内緒ですが、風俗嬢とコミュニケーションを取るのが、最近の僕の練習になっているんです。面接の練習とまではいきませんが、知らない人と会話することに慣れれば、きっともっと面接もクリアできると思ったんです。まぁ、デリヘルを呼んで楽しんでいるのも嘘ではないですけどね。プレイ自体も楽しくて、最近ではそっちの方がメインになってしまっています。あぁ、もしかして僕の人生は風俗を楽しむためにあるんじゃないでしょうか。そうだとしたら、早く仕事を見つけて残りの時間はパパッと使っていきたいなと思っています。風俗よ、待っていてくれ。僕がまた使うその日まで。